弁護士の存在意味


交通事故被害にあったとき、交渉で解決するという場合でもやっぱり弁護士に依頼することのメリットはあります。加害者が任意保険に加入している場合では、保険会社が示談交渉をするのが一般的です。保険会社が一見、良心的人たちに見えるのですが、実際にそのような人たちも商売でしている訳ですし、お金の問題に対して、収入(保険料)を増やし、支出(保険金)を減らすというモチベーションをいつも持ち続けています。

損害補償金の額が少ないほど保険会社の利益は生まれることになります。交通事故の損害賠償は、スーパーマーケットで野菜を購入するようにスムーズにいく問題ではないと考えてください。慰謝料や休業損害の金額が法律的に一律いくら支払いをしなければならないとあらかじめ決まっているタイプのものではありません。

慰謝料に対して相場というものも存在しているようですが、相場はあくまでも相場に過ぎず、価格が決まってないから、何か指標であらわそうとして相場という言葉が頻繁に使用されることになります。弁護士に依頼すれば、示談交渉したときでも示談金額が増額する可能性が充分あります。 弁護士は、そのような時でもしっかり存在意味を持っています。

弁護士に依頼するケース