交通事故被害で弁護士に依頼

交通事故被害に遭ったときやっぱり弁護士に依頼したい気持ちは多くの人たちに起こります。しかし、漠然とそう思うもののそのような人たちがどのような仕事をしてくれるのかしっかり理解している人たちも案外少ないのではないでしょうか。

まずは、そのような人たちがどのような仕事をしているのかということを正しく把握して、依頼すること自体正しい決断かということを判断していきましょう。まず、彼らは示談交渉のプロフェッショナルと考えてください。

訴訟することが彼らの役割と考えている人たちも多くいますが、決してそうではありません。事実地裁以上の訴訟代理権は彼らにしか権利はありませんし、訴訟も仕事なのですが、紛争自体の解決方法は訴訟だけということではありません。

事故において交渉によって解決するというケースも多く出てきています。それは彼らが代理人となって、交通事故の加害者や保険会社と損害賠償金額について話し合う方法のことを言います。そのようなとき、なぜ法律のプロフェッショナルにお願いすることの意味があるのでしょうか。

自分でも出来るという感じもない訳ではありません……。訴訟でないから尚更、自分でも出来る思いって尚更高くなるのではないでしょうか。しかし、その状況でもやっぱり依頼することにメリットはあります。なぜなら加害者側の保険会社は、被害者の味方ではないからです。

事故の加害者が任意保険に加入している場合には、保険会社が示談交渉をするというのが一般的流れです。

更に続けます。

弁護士に依頼するケース