交通事故の交渉


弁護士がここに関わってくれないと、加害者の人たちが裁判の基準よりも低い示談金額を提示してくる可能性を充分考えることが出来ます。なぜそのようなことになってしまうのかといえば、相手はどうせ裁判なんか起こさないだろうと思い、相手のつい足元を見てしまうからです。

実際に弁護士の仕事内容は裁判ということだけではありませんが、弁護士は裁判をする人として周囲の人たちに警戒されているのも事実としてあげることが出来ます。弁護士の意義はそのようなシーンに出向く存在価値とも言えるかもしれません。ただ弁護士がそこにいれば、事態は大きく変化することも想像出来ることです。

そして、そこに弁護士がいてくれれば、どうせ裁判をされれば裁判基準の慰謝料を支払いしなければならないし、面倒くさい裁判になる前に支払いしてしまおうかなという思いに変化します。

もちろん、全部のケースがこれに当てはまるということではありませんが、交渉だけで示談金額が増額されるケースは意外と多いと言います。弁護士という法律のプロフェッショナルが、どのような仕事をしているのかここでまとめておきましょう。

加害者・保険会社が提示する損害賠償額に納得がいかないという時も弁護士が頑張ってここで仕事をしてくれます。

弁護士に依頼するケース