弁護士に依頼するケース

加害者や保険会社が提示する損害賠償額に納得がいかないという時もここで頑張って弁護士が戦ってくれます。弁護士はやっぱり私達の持っていない法律の知識を一杯持っていろプロフェッショナルなのです。過失割合に納得がいかない、どの程度の金額が正当な賠償額か、相手方保険会社の対応に苦労している、諸々の不安や悩みがあれば弁護士という法律のプロフェッショナルが確実にみなさんを救ってくれるはずです。

加害者側の保険会社との交渉するのは、弁護士のお仕事です。加害者側の保険会社が提示する示談金額というものは、裁判所が正当と認める損害賠償金額よりも全然低額のケースがほとんどです。そして新たに痛みや障害が生じたような場合でも,示談の内容を覆すことはあとからではなかなか困難なのです。

交渉の巧拙・法律知識のありなしによって獲得できる損害賠償の金額には大きな差が出るのからこそ私達はかなり慎重に対応しなければなりません。交通事故被害に遭った方々は、弁護士に早めに相談することで保険会社との交渉や、精神的な不安を解消することが出来ます。

交通事故に巻き込まれてしまって保険会社の慰謝料提示額に納得がいかないケースや、過失割合提示額に納得がいかないケース、更に後遺障害(むちうち症等)の認定について相談をしたい場合において弁護士はとても頼もしいパートナーとして考えることが出来ます。

交通事故の交渉

参照>>交通事故慰謝料 - アディーレ法律事務所:交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所